Home > 稽古日誌 > 本日の稽古

本日の稽古


本日は世田谷道場で稽古。
毎回「あのウルトラセブンのロケ地になった、あの体育館で稽古をするんだ」と思うと、なんかウキウキするのはおっさんだからですねそうですね

今日は竹刀を持っていってみました。
最近、世田谷道場に新入会員がはいったので、基本の型の意味を教えるのにわかりやすいだろうと思って。
合気道の型は剣術から来ているものが多いようです。
今の剣道はスポーツ化してしまっていると言いますが、昔の剣術は、そのまま格闘技だったんでしょうね。タイガー・モリ:森寅雄の剣道の動画をYoutubeで見たことがありますが、足払いや鍔迫り合いの後の投げなどは合気道の体の使い方に良く似ていて、スゲーかっこいいのですよ。
戦う相手が刀を持っていることを想定して、合理的な体の使い方の体系ができてるんでしょうね。

今日は基本の技、一ヶ条を集中的に。
僕は主に中学生の子を相手にしていたんですが、途中で「両方仕手」ってのをやってみました。
合気道は攻撃側:仕手、防御側:受けの役割で稽古をするんですが、どっちが極められるか、ってのを。
やってみてわかったのは、体全体の力を使わないとイカンですね。
下半身でふんばって、上半身を固定し、まっすぐ相手に力が加わるようにしないと。

むー、なんか読んでる人がイメージしにくい説明ですねえ…
まあいいや、おいおい修正していきます。

抑えの技も、先生が言うには
「痛めつけたんじゃダメ、相手に逃げられないようにずっしり重さがかかって逃げられないようにするのが目的。体をまっすぐにして、息を吐きながら」
ってことでした。
昨日の四ヶ条の時にも言われましたが、痛めるんじゃなくて、相手をくずす、操るっていうことのために力をかけていくのだということです。

2ヶ条の練習も手首をあえて極めないで、手首にかけた力だけで抑える練習をすると良いということでした。


Comments:0

Comment Form
Remember personal info

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.aikidou-yushinkai.com/wp-trackback.php?p=6
Listed below are links to weblogs that reference
本日の稽古 from 合気道 雄神会 稽古日記

Home > 稽古日誌 > 本日の稽古

Search
Feeds
Meta

Return to page top